現金を使わずに気軽にできる投資とは?

株式
この記事は約6分で読めます。

この2年間、コロナの影響で物価だけ上がり年収は下がったもしくは変わらない方が多いのではないでしょうか。
私自身も収入は増えないのに支出だけが増え、不安を感じていました。

身内で株式など投資をしている方も居て、前々から興味がありましたが
なかなか動けないでいました。

そんな中、コロナ禍になり重い腰を上げて投資・資産運用をする事にしました。
自分自身で色々とWebや書籍で調べてみたので備忘録の為にも残しておきたいと思います。

貯蓄と投資の違い

まず、資産形成には大きくわけて「貯蓄」と「投資」の2つの方法があります。

1つ目の「貯蓄」とはお金を蓄える事で銀行や郵便局の預金などが該当します。
すぐに使う事ができ、流動性の高いお金の事です。
日常生活で使用する生活費やすぐ必要になるお金を「貯蓄」の形で持っておく事が大切です。

2つ目の「投資」とは老後や子供の教育など今すぐは必要ないけれど将来の為に貯めておきたいお金を
株式や投資信託などで長い期間で少しずつ増やしていく事です。

お金として引き出す為には投資した資産を売却して現金に換える必要があります。
そのままではお金としては使用できません。(仮想通貨は除く)

また、値上がりや利益の分配などを通じて、預貯金よりも利益を得られる可能性が高いという性質が
あるので先を見越した備えのために活用するのに向いています。

投資のメリット

複利効果

投資を中長期間で行っていくことで、投資した資金で運用して得た利益を更に投資資金として
利用することで利益が増えていく事を「複利」と言います。
投資期間を長くすることで価格変動が小さくなり、安定した収益を得られます。

株式の場合、長く持つことが一概に正しいとは言えません。
購入(買付)した当日に売るというデイトレードという手法もあります。

1つ、気を付けないといけない事は株式の場合、信用取引と現物取引の2つがあります。

信用取引は元本割れになるリスクがあり、借金になる事もあります。
ただリターンも大きいのでハイリスク・ハイリターンが殆どです。

何故、借金になるかというと文字通りあなたを信用して、あなたが口座に入れている金額以上のお金で
株式を売買して良いですよという取引だからです。

逆に現物取引の場合、0になる事はありますが基本的に借金を背負う事にはなりません。
何故かというと口座に入っているお金で使える範囲内でしか売買できない為です。

なので個人的には初心者の方には現物取引をおススメします。

銀行より利率が良い

現在、銀行に預金をしても利息は平均0.001%と低いです。
投資の種類と何に投資をするかで変わりますが基本的に銀行で預金するより利率は高いです。

平均で年利3%~5%ぐらいです。
理想は年利10%と言われています。

例えば仮に元手1,000万円で投資を始めた場合、年利10%を達成し続けると、3年後には1,331万円になります。5年後には1,611万円、30年後は1億7,449万円まで増える計算です。

投資のデメリット

リスク

投資には「リスク」があります。
一言で「リスク」といっても、「リスク」にはさまざまな種類がありますので、
それがどのような内容なのかを正しく理解しておくことが重要です。

投資における「リスク」の代表的な例は下記です。
これらの「リスク」はいわゆる「危険」や「損失」のことではなく、「可能性」のことを
意味している点に注目してみてください。

株価変動リスク株(株式)の価格が上下する可能性のこと。
株価(株式の価格)の変動は、世界各国の景気や経済の動向、
政治や経済の情勢のほか、株式を発行している企業の業績によって起こります。
信用リスク(デフォルト)株式や国債・債券などを発行している国や企業が、財政難や経営不振などを理由に
投資家から預かっていたお金や利息の一部または全部を返済する能力が
なくなる可能性のこと。
流動性リスク市場で金融商品を売りたいときに売ることができなかったり、
希望する価格で売れなかったりする可能性のこと。
為替変動リスク異なる通貨の為替相場の動きにより、外貨建ての円換算による金融商品の価値が
変動する可能性のこと。
例えば、ドル建てで金融商品を持っている場合、為替相場が円高・ドル安に
動いたときには、日本円で見たとき外国証券の価値が減少することになります。
このドル建てで持っている金融商品の価格が、将来の円高・ドル安によって
価格が減少する可能性のこと。
金利変動リスク金利の変動によって、債券の市場価格が変動する可能性のこと。
金利が上昇すると、債券価格は下落し、金利が低下すると、債券価格は上昇します。

現金を使わずにできる投資

投資と聞くと纏まったお金を持っている裕福な人がするものと思っていませんか?
今は昔と違い、少ないお金で投資できるようになっています。

ただ現金で投資するのはちょっと…って思っている方!
今はポイントで投資もできるようになっています。

具体的に何のポイントが使えるかというと
Pontaポイント・dポイント・Tポイント・楽天ポイントです。
この4つのいずれかもしくは全て持っているよという方が多いと思います。

普段買い物して貯めたポイントで投資ができるという一石二鳥のような事が
出来るようになりました!

今から紹介するサービスは私も実際に投資で使用しています。

STOCKPOINT for CONNECT

Pontaポイント・ドットマネー・永久不滅ポイントを利用し、好きな企業に投資をして
銘柄の値動きに連動してポイントが増減します。
たまったポイントを本物の「株」に交換できるポイント運用サービスです。

STOCKPOINT for CONNECTのメリット

  • Pontaポイントで売買できる。
  • ある程度、銘柄をポイントで購入すると本物の「株」に交換できる。
  • 口座開設や本人確認が不要。
  • 無料で売買できる。
  • メルカリや日産自動車など有名企業の銘柄が揃っている。

STOCKPOINT for CONNECTのデメリット

  • 本物の「株」と同じように銘柄を購入したポイントが増減する。
  • 本物の「株」に交換する際に口座開設や本人確認が必要。

リンク先:https://connect.stockpoint.jp/

参考動画:

日興フロッギー

dポイントで本物の「株」を1株から購入できます。
ただSMBC日興証券の口座が必要ですので、口座開設が必須です。

日興フロッギーのメリット

  • dポイントで本物の「株」を売買できる。
  • 1株から購入できるので少ないポイントでも株主になれる。
  • 有名企業もたくさん!
  • 口座開設がWebで即日開設が可能。

日興フロッギーのデメリット

  • 口座開設や本人確認が必要。


昔は郵送での開設手続きのみで時間と労力が必要でしたが
今は大体がWebでの手続きも可能になっており、即日開設が可能になっています。

リンク先:https://froggy.smbcnikko.co.jp/

ネオモバ株

Tポイントで本物の「株」を1株から購入できます。

ネオモバ株のメリット

  • 唯一、Tポイントで本物の「株」を売買できる。
  • 1株から購入できるので少ないポイントでも株主になれる。
  • 有名企業もたくさん!
  • 口座開設がWebで即日開設が可能。
  • 毎月200円分のTポイントが付与される。

ネオモバ株のデメリット

  • 口座開設や本人確認が必要。
  • 月額220円が必要。

リンク先:https://www.sbineomobile.co.jp/

楽天証券

楽天ポイントで本物の「株」の売買や投資信託が可能です。
また証券口座を開設せずにポイント運用サービスでポイントを
増やしていくサービスがあるのも特徴です。

楽天証券のメリット

  • 楽天ポイントで本物の「株」の売買や投資信託が可能。
  • 証券口座が無くても楽天のサービスでポイントを運用して増やしていくサービスもある。
  • 投資信託もかなり種類が豊富!

楽天証券のデメリット

  • 口座開設や本人確認が必要。

リンク先:https://www.rakuten-sec.co.jp/

他にもポイントで運用できる投資はあります。
ご自身で調べて安心して運用できるサービスを検討してみると良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました