【2022年05月版】おススメのASP 3選

【2022年05月版】おススメのASP 3選アフィリエイト
この記事は約9分で読めます。

【この記事で解決できるお悩みはこちら!】

・アフィリエイトを始めたいけど何をしたら良いか分からない方
・ASPが何か分からない方
・どのASPで登録すべきか迷っている方

ASPとは?

まず、ASPとは「アフィリエイトサービスプロバイダー」の略です。
アフィリエイトを始めようと思ったときに、取り扱うサービスを提供している広告主と直接契約を結ぶ方法と、ASPというアフィリエイターと広告主を仲介するサービスを利用する方法などがあります。

今回、筆者自身が契約して良かったと思ったASPを個人的な感想を書きながら紹介したいと思います。
皆さんの役にも立てば幸いです。

アフィリエイターはASPに登録することで、そのASP業者が契約している広告主のサービスを扱うことができるのが大きな特徴です。
広告主の定めた成果条件を満たすと、それに応じた報酬が支払われる仕組みです。

広告主が設定している成果の種類には、さまざまな種類があります。
主に「商品購入」や「会員登録」、「資料請求」などのなんらかの目的を果たした際に得られる「成果報酬型」と、広告をクリックすることで得られる「クリック報酬型」が一般的です。

ASPにはさまざまな種類や特徴の異なる広告があります。
自分が運営しているサイトと相性の良いサービスを探し出すことが、収益を上げるうえで必要ではないでしょうか。

ASPの効率の良い利用方法

最初から色々なASPを契約して利用しない

アフィリエイトの仕組みの理解や慣れるまでの間、利用するASPは限定して利用するのがおススメです。
複数のASPに跨って利用すると得られる報酬も分散してしまうので安定的な報酬を得られるまでは少ないASPで纏まった報酬を得られるように運用しましょう。

同じ案件でもASPによってクリック報酬型と成果報酬型で違うので様々なASPを利用したいと思いますが中途半端になってしまう可能性があります。

自身が運営しているサイトと相性の良い案件を広告として出す

自身が運営しているサイトに掲載する広告はどれでも良いわけではありません。
効率の良い方法は運営しているサイト構成やコンテンツとなるべく相性の良い広告を選ぶことです。

例えば若者向けのコンテンツを掲載している媒体に高齢者向けの広告を出しても、高齢者の方が閲覧する機会は非常に少ないからです。
若者向けのコンテンツなのであれば若者向けの広告を出せば、興味を引くことができ利用していただける機会が増えます。
このように自身が運営しているサイトやコンテンツがどの年齢層や性別向けなのかを理解し、その層に向けた広告を掲載するようにしましょう。

また最初は幅広い層が利用しそうな広告を掲載しがちですが、まずはある程度絞った層向けに的確な訴求をした方が高い収益を望めます。

自身の運営しているサイトにどのような人が訪れているのか、どのような悩みを持っている方が多いのかなどを把握してどのような広告を出すか決めた方が良いと思います。

自分自身が体験し、良いと思った商品を紹介

アフィリエイト初心者でよくある失敗例があります。
それは単価の高い商材を狙い、成果を全くあげれず途中で諦めてしまう事です。

当然ですが、単価が高い商材は競合が多いです。
コンバージョンのハードルも高いので難易度が高いのです。

逆に単価が低い商材は競合が少ない商材も多く、ハードルもそこまで高くありません。

また最初のうちは文章を書く力もそこまでないのでつたない文章になりがちです。
そのため、自身が体験した商材や得意な分野であれば紹介者の熱意が伝わり、成約につながる確率もあがるでしょう。

広告単価に関して

広告の単価に関して1つのASPかつ1つの案件で全員一律の単価だと思っていませんか?
実はある程度、そのASPで実績を上げれば報酬単価の交渉が出来るようになります。
ただ一度の交渉で上がるとは限りません。
ある程度、実績を積んだ後に何度か交渉してみるとあなただけの特別単価になるかもしれません。

その為にも最初は単価よりあなたが紹介しやすい案件を選択しましょう!

筆者おススメのASP業者

もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイト紹介画像

20万サイトで利用されている個人向けのアフィリエイトサービスを展開されています。
W単価という独自の報酬制度になっており、業界最高水準の報酬単価となっています。

W単価とは広告主からの通常報酬以外にもしもアフィリエイトからも12%のボーナスが貰えます。
筆者のサイトでも実は利用しています。

もしもアフィリエイトのメリット

  • 無料で利用できる。
  • かんたんリンクや楽天モーションウィジェットがあり、初心者でも簡単に使えるツールが揃っている。
  • 20万サイトで利用されるなど利用者が多く、ネット上に色々と情報が出ているので情報を収集しやすい。
  • W単価という独自の制度で報酬が他社より高い。
  • 今すぐ攻略本や教えてもしもちゃんなど教育サービスが充実している。
  • 広告案件の種類が豊富。

もしもアフィリエイトのデメリット

  • 会員登録が必要。
  • クリック報酬型の案件が無い。

下記にバナーを貼っておきますので気になる方はクリックして確認してみてください。
内容をきちんとみて頂き、自身に合っているなと思われたら登録して自身のサイトに広告を載せてみると良いと思います。
合わないなと思ったら登録せずに閉じてください!

もしもアフィリエイトへの無料登録はこちら♪

ACアソシエイト

ACアソシエイト

動画・写真・イラストなど画像素材のアフィリエイトになります。
筆者もお世話になっている写真・イラスト・シルエット・エディターなどを無料会員もしくは有料会員で素材を自由にダウンロードして使えるサイトが広告になります。

ACアソシエイトのメリット

  • サイトの広告から無料会員の登録をして貰えると100円の報酬が貰える。
  • 有料会員の登録をして貰えると1,000円の報酬が貰える。
  • 無料会員に登録後、有料会員に登録して貰った場合、100円+1,000円の報酬が貰える。
  • 無料で利用できる。
  • 素材の種類も多く、色々な職種や層に訴求しやすい。
  • バナーとリンクが既に揃っているから初心者にも優しい。

ACアソシエイトのデメリット

  • 会員登録が必要。
  • 案件の種類が少ない。
  • クリック報酬型の案件が無い。

リンク先:https://www.ac-associate.com/affiliates/

Google AdSense

Google AdSense

クリック報酬型案件の広告を提供しているサービスです。
運営するWebサイトに訪れたユーザーに対して最適な広告を表示し、広告のクリックに応じた報酬を受け取ることができる仕組みです。

Google AdSenseのメリット

  • 無料で利用できる。
  • クリックして貰うだけで報酬が貰える。
  • 日本で多く利用されているのでネット上に情報が多くあるので収集しやすい。
  • 自動広告もあるので初心者でも難しい作業は不要。

Google AdSenseのデメリット

  • 会員登録が必要。
  • 成果報酬型の案件が無い。
  • 審査がある。(サブドメインや無料ブログのドメインでは審査に通りません。)

リンク先:https://www.google.com/intl/ja_jp/adsense/start/

おススメの書籍紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました